ビジネス

不眠の原因は〇〇だった

「何だか最近眠れていない。」
とお思いのあなた。

あなたの不眠の原因は、
栄養不足からきているかも知れません。

今、自律神経の症状や不定愁訴に悩む方の
ほとんどが栄養不足になっています。
医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる [ 藤川徳美 ]

・しっかり食べているので栄養不足ではない
・3食食べているし満遍なく食べている

あなたは本当に栄養不足ではないという自信が
ある方が多いのですが、

次の質問した途端と変わります。
その質問は、こちらです。

不眠に有効な栄養素とはなんですか?

もちろん答えられるわけではないですが、
やはり症状が出ている方には
それなりの栄養素不足の方が多いわけです。

特に自律神経の症状は、
カロリーは取れているので量的栄養失調ではなくても
質的栄養失調という事が
盛んに言われています。

不眠になると
市販の睡眠薬を飲む
市販の睡眠薬では良くならず、
内科、心療内科で睡眠薬を処方される。
そちらを飲んで始めは、眠れていたが、、、。

薬だけに頼っていても
根本的に何も変わっていません。

薬が効かなくなったら
どんどん薬の量が増えたり
強い薬になったりするだけです。

不眠症を本気で改善したいのなら
栄養に目を向けてみましょう。

 

ちなみに
不眠症を解消する
栄養素は、
タンパク質
トリプトファン、GABA、グリシン。

ナイアシン(ビタミンB3)
などのビタミンB群が必要です。

トリプトファンとは、
必須アミノ酸9種類の中の1つで
体内で生成できず、
食物から摂取する栄養素です。
トリプトファンは質の良い睡眠に最も必要な
栄養素で感情を落ち着かれるために働く
セロトニンと、生体リズムを整えるメラトニンの
原料になるからです。
代表的な食べ物は、バナナ、卵、チーズ 大豆製品、
ナッツ類、カツオ、マグロなど

GABAは、脳や脊髄で働く抑制系の神経伝達物質で、
脳内の血流を活発にし酸素の供給量を増やしたり、
脳細胞の代謝機能を高めてくれます。
代表的な食べ物は、カカオ、玄米、トマト、ブロッコリーなど

グリシン、手足の末端から体温を放熱し、
深部体温を下げる必要がありその深部体温を下げる
働きがあります。
代表的な食べ物は、エビ、イカ、カニなど

ナイアシン(ビタミンB3)とは
糖質、脂質、タンパク質の代謝に不可欠な栄養素
ビタミンB群は脳代謝や脳機能活性化に大切なものです。
代表的な食べ物
カツオ、さば ブリ
*注意 コーヒーもナイアシンを含む食品に入っていますが、
カフェインは、交感神経を刺激しますので
止める事をお勧めします。

以上を食べ物だけでとっていくのは
とても難しい事。

サプリを取るにしても
色々な種類を取らなければならず、
しっかりこちらの本を読めばいいのですが、
医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる [ 藤川徳美 ]

手っ取り早く栄養素を吸収して
試してみたいという方におすすめしたいのがこちらです。



こちらの
ネムリスは
上記した、
トリプトファン
GABA
グリシン
ナイアシン(ビタミンB3)
が栄養素を配合された

植物由来成分を配合され
ラフマ葉
テアニン
クワンソウ
メリッサエキス
月見草

ラフマ葉とは脳内のセロトニン を増やし
セロトニン神経の透過性をよくする。

テアニン、緑茶などに含まれる旨味成分があり
リラックス効果を醸し出すものです。
睡眠、ストレス、うつなどの精神的症状に
も効果があることも明らかになってきました。

クワンソウは、眠り草とも呼ばれている
植物です。

メリッサエキスは、身心を穏やかに調整してするところがあり
神経系の症状に用いられる事がある成分です。

 

不眠を解消するために
何をやればいいのか?と悩んだり
食べ物、栄養素が重要だけれども
どのサプリを飲んだらいいか分からないと
いう事であれば、
まずは、細胞が変わる
3ヶ月試してみては、
いかがでしょうか?

睡眠薬よりも安心できますよ。

-ビジネス

Copyright© TOMOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.