ビジネス

Week2 未来把握 (アウトプット)

 

結論:ホワイトカラーの大リストラ時代

未来は自分で守らなければならない

・定年雇用努力義務化を民間に押しつけ
麻生大臣が言った老後2000万円問題

・結局どんなに月々年金を払ったとしても
今後はその支給さえ難しい状況がくる。

・終身雇用もむり
トヨタなども表明している終身雇用は、以前の考え方で今ではありえない。

・会社員のスキル不足のため、首を宣告される
終身雇用が崩れて日本の企業も外資系化してきているなので実力が伴わない者
リストラ対象になってくる。・

怖い社会になりますね。
もう、日本の仕事の価値観、概念が崩れてくる。
そのために自分の身は自分で守る努力を始めなければならない。

外国人が溢れてくる。

最近コンビニなどでは、働きに来ている外国の方を多くみられる。

・ルーティー化できる仕事は、文句いう日本人よりも
本気で働きに来ている外国の方に場所を捉えて
ますます、日本人ができる職業がなくなっていく。日本人は、固定観念がありめんど臭い。

私が通うコンビニは何人か学生バイトや
50代以上の方と外国の方ばかりがコンビニで働いています。

日本は、おじいちゃんおばあちゃん層の増大(高齢化社会)

そのため、消費をしなくなり消費がない地域は衰退する。市場も衰退していく

 

今後は海外に目を向ける?

今後は、消費の世代が存在する海外などに目を向ける企業が増えてくる。
しかし、現在はの日本では、グローバル人材がいない。というか少ない。

グローバル人材とは、外国語を話せるとかではなく、何もない状態から
仕組みを組み立てられるオールマイティーの人間がいない。

その理由として、上司部下の関係で、
上司の言われたことのみをこなすだけに人間に育ってきているので、
自分で0から1を創造することができない。

また、0から1までやりたいけども、
企業の人間関係などで新しい取り組みよりも
現状の仕事で利益を出すことが多く
新しいことができにくい環境が日本の企業にはある。

まとめ

サラリーマンは安定していると考えている。
現在は、企業に就職をしていくことが重要と考えている
人も多いと思うが、

数年後は、自分のことは自分で守る家族も守ことが必要。
自己改革するか絶望の未来を送るかの状況が始まるだろう。

 

感想と学び

私は、治療院経営をしているため、会社組織とは無関係です。
会社組織に適合できなかったことが独立開業した要因でもあります。

0から1を作ることは、行っています。
ただ、「治療院のやり方はこうやる」という固定観念こそがあり
スピード感があまりないかなぁと反省しています。

そのためには一人でポンと海外に行って
新事業を立ち上げるどうすれば良いのか?
など思考を変えていく必要があると感じた。

 

また、治療院をやっているため高齢者のコミュニティのビジネスを始めようと考えて
います。がここにあるように高齢者は消費をしない世代とのことなので、
健康に投資ができるんもか?を実行していきます。
ロコモ予防、フレイル予防

#竹花貴騎 #M U P #ウサギクラス

-ビジネス

Copyright© TOMOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.